キャンピングカーでどこまでも ! ヽ(´▽`)/

旅行先の遊んだ場所、美味しい食べ物を紹介!

【車中泊の旅】(徳島県 鳴門海峡)⑦

鳴門海峡編】③

こんにちは、ピーナッツです。(2019年12月)

 

今回は、鳴門海峡最後の『うずしお汽船』に乗ります。

船の発着地点は2か所あります。

 

鳴門公園の地図を添付します(^^)/

f:id:peanut05:20200604225532j:plain

赤〇のところが、『うずしお汽船のりば』

青〇のところが、『うずしお観潮船のりば』になります。

(※まだブログの使い方がわかっておらず、〇をするぐらいしか出来ませんでした)

 

 

***********************************

うずしお汽船

渦潮の飛沫がとどく程、間近に接近。大迫力の『名勝鳴門の渦潮』を

楽しめます。

鳴門公園の駐車場から近くに、乗り場があります。

(歩いて約8分)

 

・運賃

  大人     1600円

  小人(小学生) 800円

・時間

  8:00~17:00 30分毎に出航

・所要時間

  約20分

***********************************

うずしお観潮船

鳴門公園の駐車場から🚙で約5分です。

船は、大型観潮船『わんだーなると』と

   小型水中観潮船『アクアエディ』があります。

・時間

  8:30~17:00

 

『わんだーなると』

 わんだーなるととは、大迫力の渦潮に接近し、素晴らしい眺望が見れます。

 大きな船ですので、ゆったりと観潮出来ます。

・料金

  大人     1800円

  小人(小学生) 900円

・所要時間

  約30分 (40分毎に運航)

 

 『アクアエディ』

 船の下側へ行き、水面下1mの展望室から海中のうずの様子が間近で

 見られます。

 水の中から見る渦潮は、上から見る渦潮とはまったく違う景観で未知の

 感動を与えてくれます。

・料金

  大人      2400円

  小人(小学生) 1200円

・所要時間

  約25分 (30分毎に運航)

**********************************

私たちは、鳴門公園に🚙を停めていたので、歩いて行ける

うずしお汽船に行きました。

 

うずしおが見れる時間帯がありますので、インターネットで調べて

行った方が、スムーズに行けます(^^)/

 

船に乗っていよいよ出発です。

大鳴門橋下に到着❕

海を見ると『あちこちにうずしおが』

 おっー!すげー(*^▽^*)

f:id:peanut05:20200605210704j:plain

f:id:peanut05:20200605210722j:plain

(なかなか、綺麗な渦潮の写真が撮れません・・・(;^ω^))

渦潮は、できてもすぐに無くなってしまいます。

ですが、あっちもこっちも沢山出来るので、ずっと見てられます。

 

これが、かの有名な『鳴門海峡』なんですね❕

有名になる理由がよくわかりました(*^▽^*)

 

約20分の乗船でしたが、チョー満足できました(^o^)/

 

これで、鳴門海峡のブログは終わりです。

最後まで見て頂きありがとうございました。

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村